1歳に歯磨き粉は必要?使う時の注意点

1歳くらいから歯磨き粉は使った方が良いのかな?と思う方もいますが、
無理して使う必要はありません。

歯磨き粉にも種類があり、成分の安全性を考えれば必ずしも使った方がいい!とは
言い切れないものもあります。

もちろん、毎日使うもだから安全性は配慮されているとは思いますが、
『うがいが必要なものを毎日飲みこんでしまっていたら・・・』
そう考えて不安になるのであれば、使わない方が安心です。

歯磨き粉を使う理由はいろいろあると思いますが、デメリットも知っておく必要があります。

1歳くらいで歯磨き嫌いになる子は、痛い・怖いというのもありますが、
「苦しい」という理由もあるのです。

苦しい?と不思議に思うかもしれませんが、発泡剤が入っていると泡が立ってしまい、
仕上げ磨きで上を向いていれば、口の中にたまったものを吐き出せません。

飲みこんでしまうというのもアリかもしれませんが、小さなうちは上手に飲みこめずに
苦しくなってしまうのです。

歯医者で治療中に口の中にたまって苦しくなるのと同じで、小さくなればなるほど
口の中に早くたまってしまいます。

またきちんと磨いているつもりでも、泡が邪魔して磨けていないことがあります。

「キレイになっていると感じているだけ」で磨けていなければ、歯垢や汚れは取り除けず
虫歯になってしまうのです。

そのため、キレイにしっかり磨きたいと思うのであれば、歯磨き粉をつけない方が
良いこともあるのです。

そして、研磨剤入りのもの。

お茶などの色素汚れが気になる時には良いと言われますが、削り取っているということは
傷がつけば、そこにまた色が入りやすくなるのです。

虫歯予防に良いと言われるフッ素も、歯を強くする働きがありますがゆすぎが必要に。

そのため、1歳で歯磨き粉を使うならうがいができるようになってからにするか、
安全性を考えてゆすぎ不要のものを選ぶと良いでしょう。

仕上げ磨きを嫌がるから、仕上げ磨きのときだけ歯磨き粉を使うと言う場合には
特にきちんと磨き残しが確認できるように、発泡剤などが含まれていないものを使ってください。

基本的に歯磨き粉は絶対に必要!というわけではありません。

一番大切なのは「ブラッシング」

歯と歯の間や歯ぐきとの間、奥歯などをしっかり磨いてあげないと、虫歯になってしまうので、
キレイになったカンジがするだけの歯磨き粉は不要です。

ただし、歯磨き粉でもブリアンのように虫歯菌除去や歯垢除去効果のあるタイプで、
発泡剤や余計な成分が使用されていないものを使いたい!という時は別です。

何を使うかによっても変わってくるので、1歳で歯磨き粉を使う場合には目的に合わせて
使うかどうかを判断してくださいね。

>>赤ちゃんも安心!ブリアン歯磨き粉はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ