子供にフッ素は本当に必要?安全性は??

子供にフッ素は必要かどうか。

意見を見ていると賛否両論ですが、正直「怖い」という印象もありますよね。

虫歯予防に当たり前のように使われてきて、歯医者もいまだに勧めるフッ素は
歯磨き粉にも含まれています。

ここで勘違いしてはいけないのが「量」がポイントで、大量になれば
副作用などの危険性もあるということです。

実際に、ふだん口にする藻の中にもフッ素は含まれており、取り除くことができません。

また殺虫剤や殺鼠剤にも使用されると言う話があるので、限度を超えれば
毒になるというのも納得できると思います。

基本的に子供にフッ素が必要か悩む前にいくつか考えてみてください。

まずは『必要性』

虫歯予防と言いますが、直接的な虫歯予防効果はなく歯を強くする効果があり、
誰にでも効果があるというわけでもなければ、目に見えてわかる効果もありません。

フッ素を塗布すれば100%虫歯にならないと言うわけではないので、
かならず歯磨きなどの虫歯予防はしなくてはいけないのです。

そして『安全性』

そこまで悩むということは、安全や安心はどうなのでしょうか。

子供に使う物や口にする物で不安があるものは避けていると言う人も多いと思いますが、
フッ素も同じで良いのです。

絶対使用しなければいけないと言うわけではないので、疑問があれば使わなくても
問題はありませんよね?

実際にフッ素配合でない歯磨き粉もありますし、フッ素塗布もしなければ良いことです。

口にするものに含まれてしまっているのは避けることができませんが、
それ以外のは選択肢があり、親がその選択をすることができます。

必要性や安全性に対しての考え方は、それぞれの親で違います。

そのため、右向け右!で同じことをする必要はありません。

また、仮に子供がフッ素塗布をしなくて虫歯になったとしても、安全性に不安があるから
虫歯になった方がまだマシという考え方もありますし、その逆だってあります。

大切なのは親が「冷静に判断すること」です。

虫歯になりやすい・歯が弱いからフッ素塗布が必要だと感じるのであれば、
フッ素を取り入れれば良いのです。

もしも、そこまで危険であれば、問題視されるだけでなく、フッ素塗布は禁止になったり
歯磨き粉への使用も禁止になっている可能性もあります。

使い方を間違えれば、子供でなくてもフッ素は毒になることが考えられますが、
正しく使うことでリスクはかわるということを理解しておきましょう。

そのうえで使わなくても死ぬわけではないし、虫歯になるというわけではないので、
イヤなら使わないことが一番です。

>>安全性で選ぶならブリアン!公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ