子供へ虫歯は遺伝するのか

自分が虫歯になりやすいと、子どもにも虫歯が遺伝するのでは?と
心配する人がいますよね。

結論から言うと「虫歯は遺伝しません」

ただ、ここを勘違いしてはいけないのですが、歯が弱いとか歯の質や骨格は
遺伝することがあります。

なので、親が歯の質が弱ければ、子供も歯の質が弱いことも。

そうなれば、当然虫歯になりやすい可能性があるので歯が丈夫に育つように
子供の乳歯ができる「妊娠中」から栄養をしっかり摂る必要があります。

また虫歯というのはいわゆる風邪などと同じ「感染症」で虫歯菌が原因です。

虫歯菌というのは生まれ持って口の中にいるわけではなく、誰かから感染するので
周りから感染しなければ虫歯になることはありません。

そのため、一番身近にいて虫歯菌をうつしやすい人たちが虫歯治療をして
口内環境を良くしておくだけでも子供が虫歯になるリスクを下げることができます。

とはいっても、周りから感染する可能性はゼロではありません。

ここで気を付けたいのが「口内環境」

悪玉菌と善玉菌のバランスが良ければ虫歯になりにくく、そのバランスが決まるのが
3歳頃までと言われています。

3つ子の魂100まで~ではありませんが、3歳くらいまでに虫歯になりにくい環境を
作ることができれば、虫歯になりにくいと言えるのです。

そう考えると、子供に虫歯が遺伝するというよりも生まれてからが重要!

仮に歯の質が弱いのが遺伝してしまったとしても、3歳までに虫歯にならないよう
しっかりケアをしていけば、虫歯になりにくい口内環境を作ることができるわけです。

口移しでものをあたえてはダメとか、同じ箸を使ったり、唾液感染するから咳なども
注意が必要と言いますが、まずは出産前までに虫歯は治療をしていくこと。

そして虫歯菌に感染するのを防ぐのは100%ムリだとしても、虫歯にならないような
環境をできるだけ作っていくようにしてください。

最近では、キシリトールのタブレットや虫歯菌除去ができるブリアンのような歯磨き粉も
あるので、ただ歯を強くするフッ素よりも効果的なものを上手に活用しましょう。

赤ちゃんのうちから使えるタイプは、歯が生え始めたすぐから使うことができるので
より虫歯予防が効果的になります。

自分が虫歯が多くて子供へ虫歯が遺伝してしまうか不安と言う人は特に!

早めの対策を心がけることで、悩むことがなくなります。

親が虫歯になりやすいからこそ、気を付けてあげることで虫歯を防いであげられるので
まずは正しい知識と必要なことや物を知りましょう。

>>虫歯予防の新習慣!ブリアン歯磨き粉はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ