子供を虫歯にしない3つのポイント

子供を虫歯にしないためには3つのポイントがあります。

特に何もしなくても虫歯にならなかったという話もありますが、この場合も実は
『何かしらの理由』があるかもしれません。

例えば、世界にたった2%の「BLIS M18」保有者であれば虫歯菌を除去してくれるので
虫歯になりにくいかもしれませんが、たった2%の確率です。

それよりも歯の質や他のことに理由があることが考えられます。

いろいろ理由はありますが、その中でも代表的なものは下記の3つ。

■虫歯菌の感染
虫歯というのは虫歯菌の感染なので、親や周りから虫歯菌をうつされなければ、
当然虫歯になることはありません。

子供を虫歯にしないための基本は「虫歯菌を感染させないこと」

ただ、これはとても難しく、子供たち同士で遊んでいても虫歯菌に感染するリスクは
あるので、感染しないことよりもブリアン歯磨き粉のように虫歯菌を除去したり、
口内環境を整える方が賢明です。

また出産までに虫歯を治して、口内環境を良くしておくこと!

そして、出産後もお子さんと一緒に虫歯予防をしていくことで感染リスクを下げられます。

■歯磨き
虫歯予防で一番大切なのは「歯磨き」と言われています。

毎日きちんと正しい方法で歯磨きをすれば歯垢除去もできるし、習慣にすることで
虫歯になりにくい環境を作ることができます。

1日1回、夜の歯磨きは特に丁寧にしてあげることで、虫歯になるリスクを軽減できるので
小さなうちからきちんと歯磨きをしていくことが大切です。

■生活習慣
虫歯になりにくいかどうかは食生活でも変わります。

甘いものやジュースばかりの生活やダラダラ食べなど、虫歯ができやすい環境を作れば
どんなにきちんとしているつもりでも虫歯になりやすくなってしまいます。

脱灰と再石灰化が繰り返し行われているのですが、食べる時間やジュースを飲む時間が
増えるほど溶ける「脱灰」の時間が多くなり、再石灰化が出来ずに虫歯になりやすくなります。

そのため、1日3回の食事とオヤツの時間はきちんと決めて、食後の歯磨きを習慣に。

また、夜以外の授乳後やオヤツの後はお茶を飲ませるだけでも虫歯予防に効果的です。

飴など虫歯になりやすいものをやめて、キシリトールガムやタブレットを習慣にしていくと、
唾液も出やすくなるし、虫歯になりにくくなります。

この他にも定期健診や口呼吸を改善するなど、子供を虫歯にしないためにできることは
たくさんあるので「虫歯になりやすい原因」を見つけて改善していきましょう。


>>虫歯予防のブリアン歯磨き粉!公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ