離乳食で気になる歯磨き『いつから』すればいいの?

離乳食が始まると歯磨きをした方が良いのか、気になりますよね。

歯磨きを始めやすいタイミングは2つ。

・歯が生えはじめ
・離乳食を始める時

歯が生えるのは個人差があるので、離乳食を始める前から歯が生えることもあるし、
離乳食をはじめても全然歯がないと言う場合も。

ただ、歯が生えていなくてもガーゼなどで歯ぐきを触るのは歯磨きの練習になります。

両親だけでなく祖父母などいろいろな人に口を開けて触らせることができると、
病院や歯医者で口を開けやすくなるので、みんなで協力すると良いでしょう。

歯磨きのタイミングですが、いつから!という決まりは特にありません。

歯が生え始めても最初のうちは唾液で汚れを落とすことができるので、
ガーゼで拭く程度で充分です。

焦って歯ブラシを使わなくてもガーゼで充分なのですが、歯磨きにこだわるよりも
早い段階で口の中を触ることに慣れておけば、歯磨きがしやすくなります。

歯の様子を見ながら、ガーゼから歯の隙間の汚れや奥歯の汚れを取るために
歯ブラシに変えていきましょう。

歯磨き嫌いになってしまうと後々が大変なので、痛い・怖いは絶対にNG!

『褒めてもらえて嬉しい』『楽しい』など、子供が進んでやりたくなる環境をまずは作り、
離乳食後の歯磨きを習慣にしていくことが大切です。

基本的に虫歯になる原因は「感染」です。

赤ちゃんはもともと虫歯菌を持っていないので、親や家族などの虫歯菌が感染して
虫歯になりますが、歯が生えていなければ虫歯にはなりません。

また夜中の授乳や哺乳瓶にジュースを入れて長時間飲ませると虫歯になりやすくなるし、
虫歯の原因はいろいろあります。

一般的には1歳6ヶ月以上から虫歯が急増すると言われますが、1歳未満だとしても
虫歯になる子はたくさんいるので、虫歯予防は早い段階からが安心です。

離乳食でも個人差があると思いますが、
「いつから?」
「歯が生えていないんだけど・・・」

と歯磨きも悩むようなら、離乳食や歯が生えたタイミングでガーゼやおもちゃの歯ブラシを与え、
少しずつステップアップしていきましょう。

他の子が歯磨きをできているのに、嫌がってしまってできない!とお悩みの場合も焦らずに。

1日1回、夜寝る前に全体をガーゼで拭き、奥歯や汚れが取れにくい場所は歯ブラシや
デンタルフロスを使用ください。

また歯磨き粉は泡が邪魔することもあるので、ブリアン歯磨き粉など安全で磨きやすいものを
選ぶと、子供も苦しくないので磨きやすくなります。

歯磨きの回数は、離乳食の回数が増えていくと、そのたびにというわけでなく、
1日1回夜だけにしてそれ以外は白湯やお茶を飲むことをオススメします。

>>歯が生え始めたら使えるブリアン歯磨き粉はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ